当協会について

協会概要

経営理念

わたしたちは、中小企業の信用力を積極的に支援し、
信用保証を通じて事業の安定と繁栄につとめ、
地域経済の活力ある発展に貢献します。

標語

  • 適切、公正、感謝をもってお客さまに接し、期待に応えよう !
  • 常に問題意識をもって、相互信頼のもとに、明るくやりがいのある職場をめざそう !
  • 健康に心がけ、自らを研鑽し、創造性豊かな能力の発揮につとめよう !

協会章

協会章の形態は、明るく、おおらかで、しかも躍動しながら、のびゆく中小企業の姿をイメージし、これを力強く支えている、信用保証業務を C (Credit= 信用) G (Guarantee= 保証) の組み合わせのなかに表現しています。

シンボルマーク


赤の丸は、地域社会そのものであり、いろいろな人、会社、団体、自然等のエンドレスなつながりを表現し、それを一筆で描きあげた見せ方にすることによりダイナミックさも表しています。
ブルーの 3 本ラインは中小企業、金融機関、島根県信用保証協会を示しています。
赤の丸とブルーの 3 本ラインで Guarantee の「G 」を表すデザインとしています。ロゴの横にブルーで SHIMANE GUARANTEE と表現することで、赤丸だけでは浮き気味のロゴデザイン全体にバランスのとれた落ち着き感を与えています。

基本情報

島根県信用保証協会は「信用保証協会法」(昭和 28 年制定) に基づく公的な機関です。中小企業の皆さんが金融機関から事業資金の融資を受ける際の「確かな保証人」となり、企業の発展をサポートします。安心してご利用ください。

根拠法律 信用保証協会法 (昭和 28 年 8 月 10 日 法律第 196 号)
関係法律 中小企業信用保険法 (昭和 25 年 12 月 14 日 法律第 264 号)
目的 中小企業者のために信用保証の業務を行い、もってこれらの者に対する金融の円滑化を図ることを目的とする。
(島根県信用保証協会定款第 1 条)
基本財産 196 億円(令和  2年度末)
保証債務残高 2,383 億円(令和  2年度末)
利用企業者数 8,556 企業(令和  2年度末)
会長 藤原 孝行
役職員 常勤役員 5 名 (非常勤役員 15 名)
職員 69名 (令和 3年6月1日現在)
※金額については単位未満を四捨五入しております。

組織図

当協会の組織図は以下のとおりです。

沿革

昭和24年3月29日 社団法人島根県信用保証協会 設立許可
4月15日 業務開始 (松江市殿町 松江商工会議所内)
10月15日 財団法人島根県信用保証協会に改組
昭和27年8月20日 浜田支所開設 (浜田市殿町 浜田商工会議所内)
昭和29年3月26日 信用保証協会法に基づく島根県信用保証協会 設立認可
昭和42年1月7日 益田支所開設 (益田市上吉田 益田市役所内)
昭和45年2月2日 出雲支所開設 (出雲市今市町 出雲市役所内)
昭和46年11月8日 本所事務所竣工 (松江市殿町)
昭和50年4月4日 保証債務最高限度 (定款倍率) を 42.8 倍に引き上げ
昭和52年10月1日 保証事務の一部を電算処理に移行
12月31日 保証債務残高 500 億円達成
昭和53年12月18日 浜田支所事務所竣工 (浜田市松原町)
昭和62年7月1日 ひろしま信用保証協会共同事務センター発足
12月31日 保証債務残高 1,000 億円達成
平成元年5月24日 益田支所事務所竣工 (益田市あけぼの本町)
平成3年6月11日 出雲支所事務所竣工 (出雲市大津新崎町)
平成5年6月30日 保証債務残高 1,500 億円達成
平成10年12月31日 保証債務残高 2,000 億円達成
平成11年3月8日 創立 50 周年記念式典挙行
平成13年4月1日 本 (支) 所を本 (支) 店に呼称変更
シンボルマーク制定
平成18年3月30日 本店来客用駐車場整備
平成19年1月5日 新電算基幹システム稼動 (GLOBALNEXTS)
平成22年10月12日 浜田支店事務所竣工 (浜田市殿町)
平成28年5月2日 新電算基幹システム稼動 (ORBIT)
お問い合わせ・ご相談
お問い合わせはこちら
書式・様式ダウンロード 専門家派遣事業「結(ゆい)」